婦人

おりものの悪臭の原因を知ろう|デリケートゾーンの臭い改善

医師に相談しよう

レディー

小陰唇は女性器にあるものであり、膣や尿道口などを細菌から守る役割があります。そのため、女性器にはなくてはならないものなのです。通常、小陰唇は体の成長と共にホルモンバランスの変化によって大きくなっていきます。大きくなることは誰にでも起こる可能性があるため特に気にすることもないのですが、小陰唇肥大によって多くの女性が悩んでいます。特に多いものとして挙げられるのが、他の人に比べて自分の小陰唇が大きいのではないかという悩みです。小陰唇肥大の悩みは、友人や家族などに気軽に相談できる内容ではなく、大きさの定義も明確ではないため、自分のものが大きいかを判断するには難しいとされています。現在の日本人の平均的な大きさとしては、膣口から小陰唇の外側までの幅が1cmから2cmで長さが5cm~7cmとなっているため、目安として覚えておくとよいでしょう。しかし、自分のものが小陰唇肥大であるかを確実に知る方法としては医師に相談して診てもらうのがよいでしょう。そうすることで、悩みを一気に解消することができます。

病院の診断で小陰唇肥大であった場合は、病院で手術を行い縮小することが可能です。しかし、手術をするにも医師の判断は大切なものとなります。そのため、診察などをきちんと受け、きちんと医師と話し合いましょう。また、手術による治療が終わったからといってアフターケアを怠ってはいけません。肌トラブルにもならないためにも、アフターケアも行なうようにしましょう。