レディー

おりものの悪臭の原因を知ろう|デリケートゾーンの臭い改善

雑菌が悪臭の根源

女性

生理中や排卵の時期、体調が悪くなったときなどに気になってしまうのがおりものの臭いです。このおりものは通常であればそこまできつい臭いにはなりません。しかし、排卵期や生理中、体調が悪くなると独特な臭みがある臭いを発してしまうことがあるのです。人間は自分自身の体臭に敏感ではありません。自分で感じ取れるほどの臭いが出ている場合は周りの人も気づいていることでしょう。自分のおりものの嫌な臭いが漂ってしまうという事態を避けるためにも、その原因や対処法を知っておきましょう。おりものの主な原因は雑菌になります。おりものは酸性で、膣内に入り込む雑菌の繁殖を防ぐ役割を持っています。そして、生理中や排卵期、体調不良で雑菌が多くなるとその量が増え、臭いが強くなるのです。また、おりものが臭っているのではなく、汗や蒸れで菌が繁殖して臭いを強くすることもあるのです。雑菌の繁殖を防ぐことが、臭くならないための近道だといえるでしょう。

デリケートゾーンの雑菌を退治するためにはどのような方法があるのでしょうか。清潔に保つためにボディーソープを使って洗っているという人も少なくないでしょう。しかし、普通のボディーソープを使うことは逆効果になってしまうのです。普通の石鹸は菌や汚れを落とす力が強く、デリケートゾーンには刺激になってしまうでしょう。また、雑菌や汚れと一緒にそこを守っている常在菌や肌のバリア機能を洗い流してしまうのです。そうなると、雑菌に対しての抵抗力が弱くなりさらに事態を悪くしてしまうのです。まずは、ボディーソープをやめて専用のソープを使うことから始めてみましょう。すでにおりものが臭くて困っているという場合は婦人科で膣洗浄を行なってみるといいでしょう。

医師に相談しよう

レディー

小陰唇は女性器で必要不可欠なものですが、成長につれて大きくなります。そのため、大きさのことで悩む女性も多いのです。現在では、病院で手術をして大きさを変えることができるため、一度医師に相談してみるとよいでしょう。

Read

生理の時に起こるトラブル

ウーマン

女性が生理の時には紙ナプキンを使用する人が多いです。紙ナプキンにも様々な魅力がありますが、一方でかぶれや痒みといった肌トラブルも引き起こります。肌トラブルが引き起こる原因や対処法について知っておくとよいでしょう。

Read

大きさや黒ずみを改善する

女の人

デリケートゾーンのなかで色や形が気になるのが小陰唇です。そこを縮小したいというときは大阪にある婦人科形成クリニックへ行くといいでしょう。そこでは縮小のための手術を行なってくれます。

Read